構造解析・熱流体解析・電磁場解析・生体機構などのCAE解析ソフトを販売し、CAEコンサル ティングサービスを提供するソフトウェアエンジニアリング会社です。

English株式会社テラバイトお問合せ、資料請求はこちら

その他セミナー&イベント

SPH法による鋳造解析セミナー

SPH法による熱流体、凝固連成解析プログラム 開催:2018年3月9日(金) 13:30~17:00

このたび当社では、株式会社SPH研究所と共催で以下の技術セミナーを開催する運びとなりましたので、ご案内申し上げます。

現在、世界的に粒子法を用いた流体・熱解析の開発が進展しつつあります。鋳造解析はこの重要な一分野として、多くの鋳造技術者の注目を集めており、SPH法を用いた熱流体の金型流入解析、金型内の凝固・欠陥評価解析が可能となる段階を迎えています。SPH粒子法は、鋳造現象を物理現象として解析する手法であり、従来の格子法系解析では難しかった流体素片のラグランジュ的流入挙動、欠陥生成、気液二相流挙動などが明らかとなり、より精度の高い鋳造現象の理解とより適切な鋳造法案の設計に寄与するものとして期待されています。

最新の粒子法鋳造解析にご興味をお持ちの皆様のご参加をお待ちしております。

開催要項

粒子法解析例
日   時
2018年3月9日(金) 13:30~17:00
開催場所
東京国際フォーラム ガラス棟会議室 G608
  東京都千代田区丸の内3-5-1   
   【地図】
主   催
: 株式会社SPH研究所
共   済
: 株式会社テラバイト
参 加 費
: 無 料(要・事前登録)
定   員
: 25名 (定員に到達次第締め切り) 
お申込み
お申込みフォーム
申込締切
: 2018年3月7日(水)

プログラム

 

13:30
: 開催のご挨拶
13:40
: SPH熱流体解析の理論             横浜国立大学 名誉教授 酒井譲 氏
14:20 
: SPH鋳造解析 (流入固化、 鋳造欠陥)    SPH研究所 アヒマテ ジャパル氏
15:20 
: SPH鋳造解析 (気液ニ相流、GPU 並列)   SPH研究所 ビル マジェリソン 氏
16:00 
: SPH法鋳造解析ソフトSPHinx-CAST 紹介 
16:10 
: 粒子法鋳造解析への期待と展望       株式会社アーレスティ 三中西信治 氏

16:40 
: ディスカッション

■ SPHinx-CAST について

横浜国立大学・酒井譲研究室で研究されてきたSPH粒子法をベースに、鋳造現象の詳細解明を目的として商用開発された湯流れ・凝固解析ソフト。

鋳造プロセスでは、金型内のキャビティに流れ込んだ溶湯(溶融金属)が固化して鋳造部品が成形される。有限要素法や有限体積法などをベースとした従来の鋳造解析ソフトでは、液相と固相が同時に計算ができず、湯流れ計算と凝固・冷却計算は別々におこなわれる。本来は連続した物理現象を、解法の都合で別々に計算し、これが数値計算上の不都合を生んで解析精度を劣化させている。

SPH粒子法は連続体を扱う解法で、計算対象は固相、液相、気相の別がない。SPH粒子法を用いることで、鋳造プロセスで生じる溶湯(溶融金属)の金型キャビティへの充填、金型内での凝固、固化後の熱収縮による体積減少、鋳造品の冷却過程で生じる残留応力など、一連の物理現象がダイレクトに解析でき、より詳細な鋳造プロセスの再現と把握が期待される。

■ 株式会社SPH研究所について

横浜国立大学・酒井譲研究室の開発になるSPH粒子法ベースのCAE解析ソフトを普及するために設立された、大学発ベンチャー企業。 SPH理論を機軸とした粒子法に基づく新世代の解析ソルバーと周辺ツールで構成される総合CAE解析ソフトとして、SPHinxシリーズの開発、販売をおこなう。

お申込み/お問合せ

お申込みフォーム

※お問合せはお電話または問合せフォームからご相談ください。

株式会社テラバイト
セミナー事務局 TEL(03)5818-6888

 お問合せフォーム

 

  • スケジュール
  • セミナー&イベント
  • LS-DYNA技術セミナー
  • LS-DYNA操作セミナー
  • Jvisionセミナー
  • HyperWorksセミナー
  • PreSysセミナー
  • AcuSolveセミナー
  • FloEFDセミナー
  • BlowView/FomViewセミナー
  • INTEGRATED 電磁界ソフトセミナー
  • AnyBodyセミナー
  • 基礎構造講座
  • セミナー履歴

Copyright © 2017 Terrabyte Co.,Ltd.

CAEセミナー