構造解析・熱流体解析・電磁場解析・生体機構などのCAE解析ソフトを販売し、CAEコンサル ティングサービスを提供するソフトウェアエンジニアリング会社です。

English株式会社テラバイトお問合せ、資料請求はこちら
FloEFD 解析事例
CAD統合型デスクトップ熱流体解析ソフトウェア

FloEFDシリーズ 熱流体解析ソフト

HOME > 熱流体解析 > FloEFD > 解析事例 > 円柱周りの流れと抗力係数

  FloEFD 解析事例

【円柱周りの流れと抗力係数】

流れの中に存在する物体には力が働きます。この力は、流れに平行な成分である抗力と、垂直な成分である揚力に分解できます。
FloEFDでは、抗力および揚力を解析し、抗力係数や揚力係数を算出することが可能です。

ここでは、抗力係数を求めた事例を紹介します。

図1 のように一様流中に置かれた円柱周りの流動解析をおこないました。
解析は、レイノルズ数を変化させて複数ケースおこないました。

●解析結果

図2 に、抗力係数について、計算結果と実験結果を比較したものを示します。

図中の赤印がFloEFDでの計算結果、黒印が実験結果です。
実験結果は以下の文献によります。
Roland L. Panton, "Incompressible flow" Second edition. John Wiley & sons Inc.,1995

図2 を見ると、 FloEFDでの計算結果と実験結果の値が比較的良く一致していると考えられます。

Re=0.1、20、1e4、5e5のときの流跡線を示します。流跡線の色は速度を表しています。

  • Re=0.1のとき、流れは剥離せず、円柱に付着して流れます。

  • Re=20のとき、円柱後方に双子渦が発生します。

  • Re=1e4のとき、円柱後方にカルマン渦が発生します。
  • Re=5e5のとき、円柱後方の流れは激しく乱れたものになります。
  • 概要
  • 特徴
  • 機能
  • 解析手順
  • 稼働環境
  • ギャラリー
  • 解析事例
  • セミナー
  • 資料請求
  • お問合せ
  • 技術サポート・サービス

ユーザサポート

Copyright © 2017 Terrabyte Co.,Ltd.