構造解析・熱流体解析・電磁場解析・生体機構などのCAE解析ソフトを販売し、CAEコンサル ティングサービスを提供するソフトウェアエンジニアリング会社です。

English株式会社テラバイトお問合せ、資料請求はこちら
AcuSolve 熱流体解析
次世代有限要素法数値流体力学(CFD)ソルバー

AcuSolve 汎用熱流体解析ソルバー

HOME > 熱流体解析 > AcuSolve > 解析事例 > 空調解析

  AcuSolve 解析事例

【空調解析】

空調解析 データセンター概要

図1-1 データセンター概要

側面から見た空気の流れの模式図

図2-1 側面からみた空気の流れの模式図

モデル説明 (データセンターの解析)

AcuSolveによる空調解析の参考事例として、データーセンターの計算を説明します。図1にデーターセンターの概略図を示します。
適切なサーバーラックの配置位置、空調機の設定温度や風量、床の通気板の設置場所を、熱流体解析をおこなう事により検証する事ができます。

データセンターのモデル化

床の通気板


 
圧力損失を床板のsolidに定義することで、通気板をモデル化します。

サーバーラック


 
サーバーラック内の各ブレードの発熱量を、サーバーラックのsolidに定義します。

 
サーバーラック背面に、ファンモデル(P-Q特性)を設定し、サーバーラックからの排気をモデル化します。

空調機

空調機下部に流速境界を定義し、冷却した空気を吹き出させます。

空調機上部に流速境界を定義し、空気を吸い込みます。

●解析結果

空調機下部から冷気が排気され、データセンター全体の床下に広がります。

床下の空気の流れ

図3-1 床下の空気の流れ

空調機上部に吸入口が設定されているため、天井近傍の空気は、空調機に向かって流れます。

天上の空気の流れ

図3-2 天上の空気の流れ

サーバーラック内で暖められた空気は、サーバー背面から排出され、室内に広がります。

中央断面の空気温度

図3-3 中央断面の空気温度


 

流跡線(流速の大きさ)

図3-4 流跡線(流速の大きさ)

 

  • 概要
  • 概要
  • 概要
  • 稼働環境
  • 解析事例
  • AcuSolveセミナー
  • HyperWorks
  • License Checker
  • 資料請求
  • お問合せ
  • 技術サポート・サービス

ユーザサポート

Copyright © 2017 Terrabyte Co.,Ltd.