構造解析・熱流体解析・電磁場解析・生体機構などのCAE解析ソフトを販売し、CAEコンサル ティングサービスを提供するソフトウェアエンジニアリング会社です。

English株式会社テラバイトお問合せ、資料請求はこちら
AcuSolve 熱流体解析
次世代有限要素法数値流体力学(CFD)ソルバー

AcuSolve 汎用熱流体解析ソルバー

HOME > 熱流体解析 > AcuSolve > 解析事例 > ノートPCの強制空冷解析

  AcuSolve 解析事例

【ノートPCの強制空冷解析】

モデル説明 (ノートPCの解析)

AcuSolveを利用した、ノートPCの解析事例です。CPUやメモリ等の各搭載部品に発熱量を設定しています。CPUにはピン型のヒートシンクを配置し、P-Q特性でモデル化したファンで強制空冷解析をおこないます。

ノートPCの強制空冷解析 モデル図

図1-1 ノートPCモデル図

ヒートシンク周りの拡大図

図1-2 ヒートシンク周りの拡大図

●解析結果

空ノートPC底面の開口部から流入した空気は部品間の狭い流路と通ってファンに吸い寄せられ、開口部から筐体外に排気されます。

空気の流れ

図2-1 空気の流れ

流れが遅い箇所に搭載されたメモリや、ヒートシンクが、周囲に比べ高温になっています。


表面温度

図2-2 表面温度

 

 

  • 概要
  • 概要
  • 概要
  • 稼働環境
  • 解析事例
  • AcuSolveセミナー
  • HyperWorks
  • License Checker
  • 資料請求
  • お問合せ
  • 技術サポート・サービス

ユーザサポート

Copyright © 2017 Terrabyte Co.,Ltd.