構造解析・熱流体解析・電磁場解析・生体機構などのCAE解析ソフトを販売し、CAEコンサル ティングサービスを提供するソフトウェアエンジニアリング会社です。

English株式会社テラバイトお問合せ、資料請求はこちら
JMAG 電磁界解析
電磁界解析のノウハウを盛り込んだ次世代設計支援ツール

JMAG 電磁界解析ソフトウェア

HOME > 電磁界解析 > JMAG > 解析事例 > 磁気記録ヘッド

  JMAG 解析事例

【スピーカーの音圧解析】

スピーカーの音圧解析JMAGを用いた、スピーカーの音圧解析の事例です。
入力信号により、ボイスコイルが振動し、その振動が振動板から空気に伝わることで、私たちはスピーカーの出力する音を聞くことができます。
この事例では、ボイスコイル加振力(ローレンツ力)を入力信号周波数によらず一定とする、という条件の下で、音圧の周波数特性を評価しています。そのため、正弦波電流を入力信号源としています。

磁場解析用モデル
【磁場解析用モデル】
ボイスコイル加振力の評価に使用
ボイスコイルの加震力を評価するため、電磁力に関係する部品のみを用いた、過渡応答磁場解析をおこないます。入力信号周波数ごとに、解析します。
構造解析用モデル
【構造解析用モデル】
固有値解析と音圧解析(モード法周波数応答解析による速度評価)に使用
ヨーク、磁石は加振力によって、ほとんど変位しないと考えられるため、この事例では、それら部品を除いた解析モデルを用いています。 まず、固有値解析を行い、固有周波数を調べます。
続いて、固有値解析結果および磁場解析結果(加振力の情報)を用いて、入力信号の周波数ごとに、振動解析(速度評価)を実施します。速度評価と同時に、その速度情報から音圧を計算します。 この一連の解析をJMAGだけでおこなうことができます。

● 解析結果

解析結果1
入力信号周波数100Hz、音圧評価点半径0.5m
における、音圧レベルコンター図
解析結果2
左図に入力信号周波数100 Hzにおける、
音圧レベルコンターを示します。

解析結果3スピーカー正面(図中矢印)における音圧レベルの周波数特性は右のグラフのようになります。
固有値解析の結果と合わせて、スピーカーの設計に役立てることができます。
また、電磁力を加振源とする製品(モーターなど)の騒音評価にも応用できます。

  • 概要
  • 磁界解析
  • 電界解析
  • その他の機能
  • 稼働環境
  • 評価使用
  • 解析事例
  • 資料請求
  • お問合せ

Copyright © 2017 Terrabyte Co.,Ltd.