構造解析・熱流体解析・電磁場解析・生体機構などのCAE解析ソフトを販売し、CAEコンサル ティングサービスを提供するソフトウェアエンジニアリング会社です。

English株式会社テラバイトお問合せ、資料請求はこちら
OpenFOAMカスタマイズ
OpenFOAM カスタマイズ・コンサルティング

HELYX OpenFOAM専用GUI

HOME > 熱流体解析 > OpenFOAM > 解析事例 > ベンチュリメータにおける流量と高低差の関係の検証

  OpenFOAM解析事例

【ベンチュリメータにおける流量と高低差の関係の検証】

ベンチュリメーターについて

高低差から流量を求める流量計で、流量を直接計測する必要がありません。

非圧縮、非粘性の流体を仮定すると、連続の式、ベルヌーイの定理から流量と高低差の関係式が求まりす。

形状(断面積)と流量(流入速度)を決めれば、高低差の理論値がわかります。

この値と数値解析の結果を比較します。

解析条件

  • ソルバ:interFoam
  • 1m程度の高さまで水が満たされた状態からスタートします。
  • 下の管の半径
    ○ r1=0.2(m),r2=0.15(m)
  • 流入速度
    ○ 6ケース
    v=0.5,0.6,1.0,1.4,1.5,2.0(m/s)

●解析結果

流入速度 : v=1.0(m/s)

水面の振動がおさまった後の時刻での高低差を求めます。
このケースでは20秒程度で振動がおさまります。

水面の高さを読み取り、高低差を計算した結果です。

よく理論値とあっている結果が得られました。

  • 概要
  • 特徴
  • 機能
  • カスタマイズ事例
  • 解析事例
  • 稼働環境
  • 樹脂セミナー
  • 資料請求
  • お問合せ
  • 技術サポート・サービス

Copyright © 2017 Terrabyte Co.,Ltd.