構造解析・熱流体解析・電磁場解析・生体機構などのCAE解析ソフトを販売し、CAEコンサル ティングサービスを提供するソフトウェアエンジニアリング会社です。

English株式会社テラバイトお問合せ、資料請求はこちら
LS-DYNA 構造解析
衝突・落下問題、塑性加工など非線形現象を精度よく解析する有限要素プログラム

LS-DYNA 非線形構造解析ソフトウェア

HOME > 構造解析 > LS-DYNA > 解析事例 > 塑性加工

  LS-DYNA 解析事例

【塑性加工】

塑性加工解析では接触による非線形性が解析の大きな課題となります。接触の瞬間に発生する突然の大きな力と摩擦が求解の収束性を困難にする要因となりま す。たとえば板成形解析ではブランク材と工具の接触力や材料の流入をコントロールするドロービードの接触力こそが成形性をコントロールするポイントですか ら精度は勿論の事効率よく解を求めることが重要になります。

解析には収束計算をおこなう陰解法と収束計算をおこなわない陽解法があります。
LS-DYNAで塑性加工解析する場合、動的陽解法でおこないます。このような接触非線形の強い問題においては、陰解法による収束解を求めることは非常にやっかいで作業工数が予測できず開発・設計ツールとしては不向きです。

LS-DYNAで解析する場合の陽解法は収束計算をおこなわずに解を求めますから作業工数予測ができて、開発・設計ツールとして最適であると言えます。

塑性加工

  • 概要
  • 機能
  • 稼働環境
  • 解析事例
  • 技術セミナー
  • 操作セミナー
  • DynaRun
  • 資料請求
  • お問合せ
  • 技術サポート・サービス

ユーザサポート

Copyright © 2017 Terrabyte Co.,Ltd.