構造解析・熱流体解析・電磁場解析・生体機構などのCAE解析ソフトを販売し、CAEコンサル ティングサービスを提供するソフトウェアエンジニアリング会社です。

English株式会社テラバイトお問合せ、資料請求はこちら

その他セミナー&イベント

AnyBodyフォーラム東京2019

今年も恒例のAnyBodyフォーラム東京を開催します。

医用生体工学研究の国内第一人者による特別講演、AnyBody開発者によるテクニカル・ノート、ベンダー&ユーザー講演で構成される筋骨格バイオメカニクス解析ソフトの技術交流イベントです 。

皆様のご参加をお待ちしています。

開催要項

AnyBodyフォーラム
日   程 :
2019年8月1日(木)10:30-17:00
             17:00-19:00 懇親会
開催場所 :
御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
1F Room C
東京都千代田区神田駿河台4-6   【会場アクセス】 
主   催 :
株式会社テラバイト/AnyBodyテクノロジー
参 加 料  :
無料(事前登録制)
定   員 :
100名
参加登録 :
参加登録
参加登録締切:2019年7月26日(金)
お問合せ :
テラバイト AnyBodyフォーラム東京
事務局・辻 TEL: 03-5818-6888
 案内書PDF版ダウンロード
        

プログラム

午前
10:00 受付
10:30

開催のご挨拶

株式会社テラバイト代表取締役 小森禎

10:50-12:00

【特別講演】

フレイル予防を目的とした機器開発とモデル解析
                        - 秋田大学における医工連携の取り組み

秋田大学大学院理工学研究科 システムデザイン工学専攻 教授 巖見武裕 氏

高齢化率の最も高い秋田県では、健常から要介護へ移行するフレイルを予防する様々な取り組みを行っている。 本講演では、秋田大学医学部と理工学部が協力した様々な機器開発や、身体運動のモデル解析を紹介する。

【講師プロフィール】

1991年3月 静岡大学大学院工学研究科卒業 1991年4月 株式会社KTIセミコンダクタ 1993年4月 鶴岡工業高等専門学校 制御情報工学科 助手
2002年4月 秋田大学工学資源学部 機械工学科 講師
2010年4月 秋田大学工学資源学部 機械工学科 准教授
2015年9月 秋田大学大学院理工学研究科 システムデザイン工学専攻 教授

12:00-1300

昼食 (お弁当をご用意いたします)

午後
13:00-14:30

ビッグデータと特殊用途のアプリケーション

デンマーク・オールボー大学 教授 ジョン・ラスムセン

ユーザには固有の使用テーマがあり、ソフトウェアのすべての機能が必要とされる訳ではない。テーマを限定したシンプルなユーザインタフェースなら開発の難易度は低く、被験者の測定をビッグデータで代替することもできる。これによって新たな分野が広がる。モバイル端末などで動作するランニング解析アプリのプロトタイプなど、幾つかのアイデアを紹介する。

14:30-15:00

What’s new in AnyBody

AnyBodyテクノロジー シニアエンジニア パヴェル・ガリバロヴ

AnyBodyの新しい機能/モデル(ユーザインタフェース作成プラグイン、AMMRプラグイン、複雑なビュー操作を容易にするコンポーネントビュー、新しい人体モデル)と、ウェアラブルアシスト機器の研究プロジェクトを幾つか紹介する

15:00-15:20

休 憩

15:20-15:50

患者別筋骨格シミュレーション-骨のFEM解析のフレームワーク構築と
                             変形性股関節症の歩行解析への展開

龍谷大学理工学部 機械システム工学科 准教授 田原大輔 氏

AnyBody Modeling Systemから得た筋力を骨モデルに与えFEM解析を行う計算フレームワークを構築し、変形性股関節症歩行を対象に、股関節周囲の筋力推定と骨内の応力分布の評価を行った事例を紹介する。

15:50-16:20

日常生活における人の動作と製品とのインタラクションに関して

花王株式会社 感覚科学研究所 樋口拓郎 氏

製品開発に向けて、日常生活下での人の実態を数値的に取り扱うことが課題である。しかし、日常での人の運動を計測、評価することが難しい。本講演では主に日常生活の一つである床清掃の計測、評価について紹介する。

16:20-17:00

AnyBody技術サポートの現場から

株式会社テラバイト 技術部筋骨格系グループ シニアマネージャー 菊池俊彦

AnyBodyの強みは、逆運動学/逆動力学 両過程において、いかなるクローズドチャネル(過剰拘束条件)/不静定条件であっても、Soft拘束、仮想筋要素 などのスクリプトを駆使して必ず解を導く、という点にある。本発表では、スクリプト設定の注意点や、結果解釈のポイントなど説明する。

17:00 閉会
懇親会
17:00-19:00 懇親会

参加登録

参加登録

リンク先のフォームから参加登録してください。
追って受講票をお送りいたします。

※ お申し込みは、2019年7月26日(金)に受付を終了させていただきます。

  • スケジュール
  • セミナー&イベント
  • LS-DYNA技術セミナー
  • LS-DYNA操作セミナー
  • Jvisionセミナー
  • HyperWorksセミナー
  • PreSysセミナー
  • AcuSolveセミナー
  • FloEFDセミナー
  • BlowView/FomViewセミナー
  • Altair Feko 紹介セミナー
  • INTEGRATED 電磁界ソフトセミナー
  • 樹脂の隆替解析セミナー
  • AnyBody紹介セミナー
  • AnyBodyトレーニングセミナー
  • 基礎構造講座
  • セミナー履歴

Copyright © 2019 Terrabyte Co.,Ltd.

CAEセミナー