構造解析・熱流体解析・電磁場解析・生体機構などのCAE解析ソフトを販売し、CAEコンサル ティングサービスを提供する
ソフトウェアエンジニアリング会社です。

English株式会社テラバイトお問合せ、資料請求はこちら

その他セミナー&イベント

第32回計算力学講演会

「日本機械学会 第32回計算力学講演会」において、以下の発表をおこないます。

【開催要項】

会   期 : 2019年9月16日(月・祝)〜18日(水)

会   場 : 東洋大学 川越キャンパス(川越市鯨井2100)  アクセス

公式HP : https://www.jsme.or.jp/cmd/conference/cmdconf19/

発表日 : 9月16日(月) OS11-1 10:00-10:15

「超高磁場生成手法の数値解析による検討」

株式会社テラバイト  竹越 邦夫

超高磁場生成手法の一つとして、電磁成形技術を応用した電磁濃縮法が知られている。この手法は実験室内で1000T程度の超高磁場を数μ秒間生成することが可能であり、物性物理学の理論検証等に役立てられている。この手法では、衝撃波を伴う高速変形挙動、電磁気学、相変化を伴う温度依存現象など複雑に物理現象が絡んでおり、数値解析の観点からチャレンジングなテーマと考えられる。本講演では、この手法の再現計算結果の妥当性を議論する。

2019年9月17日(火) OS08-2 10:45-12:00
津波漂流物大型流木の鉄筋コンクリート防潮堤への衝突に関する検討

株式会社テラバイト マドウラペルマ マノチュ

原子力発電所に津波対策として最近建設されている防潮堤は、原子力規制委員会による新規制基準への適合性審査の対象となっており、津波漂流物に対する耐衝突性能も防潮堤の設計に重要な要件となっている。本論文では津波漂流物として大型流木を想定し、流木が防潮堤相当の鉄筋コンクリート壁に衝突する場合の衝撃解析によってその健全性を評価する。流木が複数本同時に衝突する場合や、複数回衝突を繰り返す場合など衝突条件の相違に依る衝突荷重の特性および鉄筋コンクリート壁の損傷について検討する。

  • スケジュール
  • セミナー&イベント
  • LS-DYNA技術セミナー
  • LS-DYNA操作セミナー
  • Jvisionセミナー
  • AcuSolveセミナー
  • FloEFDセミナー
  • BlowView/FomViewセミナー
  • Altair Feko 紹介セミナー
  • INTEGRATED 電磁界ソフトセミナー
  • 樹脂の隆替解析セミナー
  • AnyBody紹介セミナー
  • AnyBodyトレーニングセミナー
  • 医療向けAnyBody実習セミナー
  • 基礎構造講座
  • セミナー履歴

Copyright © Terrabyte Co.,Ltd.

CAEセミナー