社員の1日



技術部 第1技術課 K.T さん 入社10年目

Q 現在の仕事内容を教えてください

主に、衝撃解析と呼ばれる分野を担当しています。
例えば、自動車同士が衝突する様子を想像していただければ良いと思います。
ボンネットが複雑にひしゃげ、壊れていく様子が想像できると思います。
このような現象を取り扱う数値計算について、受託計算、ソフトウェアの利用サポートを担当しています。
また、数値計算用モデルを作成するためのツール類についても担当しています。
その他の業務としては、大規模計算機を構築・運用、材料試験機の運用なども担当 しています。
研究テーマとしては、磁場-構造-熱の連成解析を持っており、年に数回、国内外の学会で成果を発表しています。

Q 業務のやりがいや、大変なことを教えてください

自分の説明によって、お客様の疑問点が解消することに達成感を感じます。
計算結果の不可解な現象についても、検討を重ね解消することに、やりがいを感じ ます。
学会発表では、社外の技術者との交流もあり、自分の知識の浅さを痛感すると共に、井の中の蛙にならず良い経験が得られていると思います。

Q オフの過ごし方や趣味などを教えてください

妻と食べ歩いたり、観光することが多いです。最近は、ハンバーガー屋さんやインドカレー屋さんを中心に行っています。
話題のコーヒー屋さんに行ってみることもあります。残念ながら、味の微妙な違いは解りませんが・・。おいしいと思った時は、そのコーヒー豆を購入し、家でも楽しんでいます。家族サービスの一環ですね。

Q テラバイトの雰囲気はどうですか?

ここ数年で若手の社員が増え、社内の雰囲気も変わりつつあります。
ただし、ありきたりかもしれませんが、年齢に関係なく、気軽に相談できる環境です。
定期的なイベント(お花見、研修旅行など)は強制ではありませんが、8割以上の社員が参加しているので、気軽に参加しやすい雰囲気が社内にはあるのだと思います。
積極的な提案(会社にとって将来的に有益となるような提案)は受け入れてもらいやすいと思いますので、気持ちよく働けます。

Q 就職活動中の学生へメッセージをお願いします

我々が必要とする能力は
・不明な点、不可解な現象について、論理的に調査・検討し、妥当と思われる結論を導きだす能力
・知識を継続的に吸収する能力、意欲
・正しく日本語を書く能力(=報告書を作成する能力)
・英文を読む能力(英語で書かれたマニュアル、文献が多いので。)
です。これは大学での研究や、論文作成の上で必要とされている能力と同じだと思います。当社の技術部社員は学生時代、理工学部のうち、機械工学を専攻していた方が中心ですが、物理や数学を専攻している方でも、シミュレーションに興味があればぜひチャレンジしてほしいと思います。

ある日のスケジュール

8:59 出社(いつもギリギリです。)
9:00 メールチェック
9:30 営業会議に参加
10:30 メールチェック、相談対応
11:00 課員の作業の途中経過確認。報告書のまとめ方について、打ち合わせ。
11:30 課の定例会議
12:00 ランチタイム。社内にいると、食事中でも電話が来るので、この日は社外でランチ。そして、午後の講習会会場へ直行します。
13:00 取扱いソフトの新機能講習会を受講。以前から疑問に感じていたことを開発者から直接聞くことが出来ました。
17:00 帰社。メールチェック。自分の仕事に関して、納品前なので、報告書の作成を再開。
17:30 お客様から、ソフトウェアの操作方法について電話でのご質問に対応。
18:00 自席で夕食(軽食)。
18:30 課員から作業に関する相談(数件)。午後、社内で仕事をしなかったツケが回ってきています。自分の作業が進められない状況に陥っています。
19:30 少しだけ残業。退社
0:00 就寝

技術部 第2技術課 S.T さん 入社3年目

Q 現在の仕事内容を教えてください

OpenFOAMというソフトを使い流体解析を行っています。
OpenFOAMは市販のソフトとは違いボタンを押していけば解析が始まる、というものではなく、必要なファイルを一から作り上げていきます。覚えるのに時間がかかりますが、使いこなせばやりたいと思ったことはほぼなんでもできるソフトだと思います。今までに、土砂が海に流れてきたときの波の解析、遠心力で広がる液体の解析、などを行ってきました。
また、ソースコードのカスタマイズも勉強してます。カスタマイズにより、知りたい情報を出力できたり、元のコードでは再現できないような現象も再現できるようにすることが可能です。例えば、水中の砂の流れを、水と空気の解析ができるものと、粒子を解析できるものを組合せて再現します。水の流れでふわふわと浮く砂の動きはなかなか面白かったです。

Q 業務のやりがいや、大変なことを教えてください

OpenFOAMを使った解析やカスタマイズ業務は、とにかくエラーを除くのが大変です。コンピュータは指示した通りにしか動かないので、ほんの少しスペルが間違っていても動かなくなります。エラーメッセージがでてくるようなわかりやすいエラーはまだいいのですが、原因のわからないエラーは原因を見つけるところから難しいので大変です。エラーを解除できて、やっと計算できるようになるのですが、計算できでも、実現象と全く異なるふるまいをしてしまうこともあり、常に試行錯誤を繰り返しています。大学のように自分でテーマを決めて行うわけではなく、お客様がいて、納期があるので時間も限られています。
しかし、それらをすべて乗り越えて、実現象通り、自分が思った通りのふるまいをした時の達成感はすばらしいものです。物理の知識、コンピュータの知識が必要で、勉強すべきことがたくさんあり、時間と根性が必要な仕事ではありますが、とてもやりがいを感じています。

Q オフの過ごし方や趣味などを教えてください

休日は家でゆっくり過ごしています。パズルで敵を倒していくスマホゲームをしたり、楽しみに撮りためたアニメを見たりしています。平日もほぼパソコンに向かっていて、休日まで画面を見るのがつらいときは、気晴らしに楽器を吹いています。中学から大学まで吹奏楽をやっていて、トロンボーンを10年ほど続けているのですが、昔ほどいい音が出せず、体力の衰えを感じる今日この頃です。

Q テラバイトの雰囲気はどうですか?

マシンや書籍など、業務に必要であればすぐに購入してもらえ、また、興味ある外部の講習会があれば、参加することも可能です。勉強しやすい環境でとても満足しています。
また、研修旅行で海外に行ったり、花見、バーベキューなどの社内イベントが定期的にあり楽しいです。
わたしは人との会話が得意ではありませんが、課の飲み会などで、上の方がコミュニケーションを取りやすい環境をさりげなく作ってくれているように思います。

Q 就職活動中の学生へメッセージをお願いします

私は就活を始めたころはこのCAEという職業を知りませんでした。具体的にやりたいことか決まっていたわけでもなかったので、苦労した記憶があります。そんな中、会社説明会で弊社の業務について説明を受け、コツコツと作業を続ける自分にあっていると感じることができました。今は、自分が面白いと思えることを楽しんでできており、やりがいを感じています。
就職活動中は不安になることもたくさんあると思いますが、いろんな企業の説明を聞いてみて、自分がやりたいと思えることを是非見つけてください。

ある日のスケジュール

9:00 出社。1日のスケジュールを確認。
10:00 社内勉強会。業務に活かす!
12:00 昼食。たまにお昼寝。
13:00 HPのサンプル作成、受託解析etc エラーとの戦いです。
17:00 課のミーティング。課員の1週間の仕事ぶりを把握。自分もがんばらなくては。
18:00 退社。お疲れ様でした。
水曜日のノー残業デーは定時に帰ります。