構造解析・熱流体解析・電磁場解析・生体機構などのCAE解析ソフトを販売し、CAEコンサル ティングサービスを提供するソフトウェアエンジニアリング会社です。

English株式会社テラバイトお問合せ、資料請求はこちら
LS-DYNA 構造解析
衝突・落下問題、塑性加工など非線形現象を精度よく解析する有限要素プログラム

LS-DYNA 非線形構造解析ソフトウェア

HOME > 構造解析 > LS-DYNA > 解析事例 > 冷却水の流れを考慮したホットフォーミング解析

  LS-DYNA 解析事例

【冷却水の流れを考慮したホットフォーミング解析】

解析概要

高温のブランクを、常温の金型により絞り加工します。また、冷却管に水を流し、金型を冷却します。
【金属管の冷却】を応用し、熱-流体-構造の連成問題として解析します。
ソルバーはMPPDYNAのR10.1.0倍精度版を使用し、16cpuで並列計算します。

 

解析モデルおよび絞り加工の概要

解析モデルおよび絞り加工の様子を下図に示します。また、解析モデルの内容を以下に示します。


解析モデルの内容

ブランク:加工される板材です。
金型1_ダイ:下へストロークし、ブランクを絞ります。
金型2_パンチ:静止し、ブランクを絞ります。
金型3_ホルダー:上向きに荷重を与え、ブランク端部のしわを抑えます。
金型4_パッド:下向きに荷重を与え、パンチ頭部のしわを抑えます。

解析モデルおよび絞り加工の様子

解析結果

ブランクの温度コンターブランク上面の温度分布

金型と接し、温度が低下していきます。図は金型を透過表示しています。

ブランク・金型・水領域の断面の温度分布

金型は、ブランクと接触することで、接触部の温度が上昇します。その後、水により冷却されます。また、水は金型の熱を吸収し、温度が上昇します。

図.3 ブランク・金型・水領域の断面の温度コンター図[K]_アニメーション

  • 概要
  • 機能
  • 稼働環境
  • 解析事例
  • 技術セミナー
  • 操作セミナー
  • DynaRun
  • 資料請求
  • お問合せ
  • 技術サポート・サービス

ユーザサポート

Copyright © Terrabyte Co.,Ltd.