構造解析・熱流体解析・電磁場解析・生体機構などのCAE解析ソフトを販売し、CAEコンサル ティングサービスを提供する
ソフトウェアエンジニアリング会社です。

English株式会社テラバイトお問合せ、資料請求はこちら
JMAG 電磁界解析
電磁界解析のノウハウを盛り込んだ次世代設計支援ツール

JMAG 電磁界解析ソフトウェア

HOME > 電磁界解析 > JMAG > 解析事例 > HyperMeshのField機能によるマッピング

  JMAG 解析事例

【HyperMeshのField機能によるマッピング】

HyperMeshのField機能は、外部ソルバーの結果を異なるメッシュにマッピングする場合やソリッド要素の結果をシェル要素にマッピングする場合などに利用できます。

JMAGから出力したNastranファイル形式の温度分布を、HyperMeshのField機能でソリッド要素からシェル要素にマッピングし、Opristructで熱応力解析を行った事例を紹介します。 鋼板の高周波焼き入れ解析の事例です。図 1に解析モデルを示します。コイルに10kHzの高周波電流を通電し、ワークを移動させながら加熱します。図 2に最終時刻におけるワークの温度分布を示します。

図1 解析モデル図2 最終時刻における温度分布

 

JMAGの多目的ファイル出力ツールで温度分布をNastranファイル形式で出力します。
温度分布をソリッド要素からシェル要素にマッピングするには、HyperMeshのField機能を利用します。手順は以下の通りです。(図 3参照)

① HyperMeshにNastranファイルをインポートします。温度は荷重条件として読み込まれます。
② ソリッド要素の中立面にシェル要素を作成(またはインポート)します。
③ Field機能を適用し、シェル要素に温度荷重をマッピングします。

図 4に示すようにマッピング前後で同様の温度分布となることが確認できます。
境界条件として、温度分布と鋼板の両端に拘束条件を与えて、Optistructで熱応力解析を行います。
図 5に相当応力分布を示します。

 

図3 マッピングの手順

 

図4 マッピング前後の温度分布

 

図5 相当応力分布

 

  • 概要
  • 磁界解析
  • 電界解析
  • その他の機能
  • 稼働環境
  • 評価使用
  • 解析事例
  • 紹介&体験セミナー
  • 資料請求
  • お問合せ
  • 技術サポート・サービス
  • ウェビナービデオ

Copyright © Terrabyte Co.,Ltd.