構造解析・熱流体解析・電磁場解析・生体機構などのCAE解析ソフトを販売し、CAEコンサル ティングサービスを提供するソフトウェアエンジニアリング会社です。

English株式会社テラバイトお問合せ、資料請求はこちら
LS-DYNA 構造解析
衝突・落下問題、塑性加工など非線形現象を精度よく解析する有限要素プログラム

LS-DYNA 非線形構造解析ソフトウェア

HOME > 構造解析 > LS-DYNA > 解析事例 > SPGによる無筋コンクリート壁の貫通解析

  LS-DYNA 解析事例

【SPGによる無筋コンクリート壁の貫通解析】

そり変形解析

SPGでモデル化した無筋コンクリート壁に剛体エンジンを衝突させた貫通解析の事例です。
FEMでは破壊基準に達した要素を消去することにより破壊を考慮しますが、SPGを使用することで、要素消去による質量・エネルギー損失を生じることなく、破壊挙動を解析することができます。
Ver.R10で追加されたSPGコントロールパラメータにより、コンクリート材料の衝突や貫通などの脆性破壊解析において、粒子挙動の安定性が向上しています。

 

衝突破壊解析

<コンクリート材料>
・MAT_DAMAGE_CONCRETE_REL3
・密度:2.3×10-9 ton/mm3
・ポアソン比:0.2
・ヤング率:25920 MPa
・圧縮強度:30 MPa
・引張強度:2.9 MPa

 

解析結果

 

貫通解析結果1 貫通解析結果2

※計算機環境:LS-DYNA R10.1.0 倍精度版、MPP 16並列

【R11 SPG計算高速化の機能確認】

 

R11でSPG(安定化オプションITB=2の場合)の計算が高速化されています。
R10.1.0とR11.0.0で解析した結果を比較し、その効果を確認した結果を示します。

 

SPG計算高速化1 SPG計算高速化2

※計算機環境:倍精度版、MPP 16並列

 

R11.0.0では、R10.1.0に対して計算時間が約25%減少しています。
バージョンの違いにより、SPG要素の挙動に若干の違いが発生しています。

  • 概要
  • 機能
  • 稼働環境
  • 解析事例
  • 技術セミナー
  • 操作セミナー
  • DynaRun
  • 資料請求
  • お問合せ
  • 技術サポート・サービス

ユーザサポート

Copyright © 2017 Terrabyte Co.,Ltd.