構造解析・熱流体解析・電磁場解析・生体機構などのCAE解析ソフトを販売し、CAEコンサル ティングサービスを提供するソフトウェアエンジニアリング会社です。

English株式会社テラバイトお問合せ、資料請求はこちら
LS-DYNA 構造解析
衝突・落下問題、塑性加工など非線形現象を精度よく解析する有限要素プログラム

LS-DYNA 非線形構造解析ソフトウェア

HOME > 構造解析 > LS-DYNA > 解析事例 > SPGによる梁の曲げ解析

  LS-DYNA 解析事例

【SPGによる梁の曲げ解析】

LS-DYNAにVer.R8から実装されているSPG(Smoothed Particle Galerkin)法を使用して
精度検証を行った事例です。
SPGでモデル化した梁で曲げ解析を行い、荷重-変位関係を理論解と比較しています。
SPGコントロールパラメータの調整により、理論解とほぼ一致した結果が得られています。

解析モデル

解析結果

※計算機環境:LS-DYNA R10.1.0 倍精度版、MPP 16並列

  • 概要
  • 機能
  • 稼働環境
  • 解析事例
  • 技術セミナー
  • 操作セミナー
  • DynaRun
  • 資料請求
  • お問合せ
  • 技術サポート・サービス

ユーザサポート

Copyright © 2019 Terrabyte Co.,Ltd.