構造解析・熱流体解析・電磁場解析・生体機構などのCAE解析ソフトを販売し、CAEコンサル ティングサービスを提供するソフトウェアエンジニアリング会社です。

English株式会社テラバイトお問合せ、資料請求はこちら
ACS SASSI 震動解析
動的地盤-構造物連成震動解析のスタンダードソフトウェア

LS-DYNA 非線形構造解析ソフトウェア

HOME > 構造解析 > ACS SASSI > 解析事例 > 原子力建屋(AP1000)への適用

  ACS SASSI 解析事例

【原子力建屋(AP1000)への適用】

従来 【コヒーレンシー】

コヒーレンシー

・計算する周波数範囲は低周波領域
・波長の長い軟質地盤
・剛な基盤を想定したスティックモデル
・地盤の挙動(進行方向が1方向(コヒーレンシー)
のS波/P波)
→現実的な解析条件とは言えない

現在 【インコヒーレンシー】

インコヒーレンシー

・計算する周波数範囲は低~高周波領域
・波長の軟質地盤/硬質地盤を解析対象
・柔な基盤を想定したFEMモデル
・地盤の挙動:進行方向が1方向(コヒーレンシー)
および3方向(インコヒーレンシー)のS波/P波

埋込深さ40[ft]のAP1000 NIモデル目的
AP1000 NIモデルにおけるコヒーレンシー/インコヒーレンシー
の比較

解析条件
構造:AP1000スティックモデル
地盤:均質なVs=1000[fps]
埋込の有無:あり(Embed)/なし(SURF)
入力地震波:RG 1.60準拠
インコヒーレンシーモデル:Abrahamsonモデル(2007)

NOTE
Abrahamsonモデル(2007)は、NRCにより硬質地盤に対する使用が認められている

●解析結果

加速度時刻歴のアニメーション
・コヒーレンシーは一様な面の変形、インコヒーレンシーは波打っている

解析結果 コヒーレンシー

コヒーレンシー 

解析結果 インコヒーレンシー

インコヒーレンシー 

グラフ1  グラフ2

インコヒーレンシーの方がコヒーレンシーより応答値が小さい

  • 概要
  • 機能
  • NQA(V&V)
  • 稼働環境
  • 解析事例
  • 資料請求
  • お問合せ
  • 技術サポート・サービス

 

ACS SASSI ワークショップ2017年12月8日

Copyright © 2017 Terrabyte Co.,Ltd.