構造解析・熱流体解析・電磁場解析・生体機構などのCAE解析ソフトを販売し、CAEコンサル ティングサービスを提供するソフトウェアエンジニアリング会社です。

English株式会社テラバイトお問合せ、資料請求はこちら
LS-DYNA 構造解析
衝突・落下問題、塑性加工など非線形現象を精度よく解析する有限要素プログラム

LS-DYNA 非線形構造解析ソフトウェア

HOME > 構造解析 > LS-DYNA > 解析事例 > JSTAMPを用いたプレス工程の検討事例

  LS-DYNA 解析事例

【JSTAMPを用いたプレス工程の検討事例】

JSTAMP(ソルバー:LS-DYNA)では前工程の状態を引き継いで解析を行うことが可能なため、多工程のプレス加工を再現できます。
本事例では、単工程から多工程のプレス加工へ変更することによる「われ」と「しわ」の改善を検討しました。
「われ」と「しわ」の評価方法はFLD (成形限界線図)です。

多工程加工の解析モデル

1工程目のパンチのストローク速度を5000 mm/s、ホルダー荷重を20kNとします。
2工程目のダイのストローク速度を10000 mm/s、ホルダー荷重を380kNとします。

解析結果

多工程加工のFLD

多工程加工の最終時刻におけるFLDとそのコンター図を図2に示します。
多工程加工では、狙い通りに製品部分の割れとしわ傾向の両方が同時に改善されました。

図2:FLDとそのコンター図

多工程のFLDコンター図の比較アニメーション

多工程のFLDコンター図の比較アニメーション

  • 概要
  • 機能
  • 稼働環境
  • 解析事例
  • 技術セミナー
  • 操作セミナー
  • DynaRun
  • 資料請求
  • お問合せ
  • 技術サポート・サービス

ユーザサポート

Copyright © Terrabyte Co.,Ltd.