構造解析・熱流体解析・電磁場解析・生体機構などのCAE解析ソフトを販売し、CAEコンサル ティングサービスを提供する
ソフトウェアエンジニアリング会社です。

English株式会社テラバイトお問合せ、資料請求はこちら
ARUP sofuware プリポストプロセッサー
自動車衝突・乗員安全解析専用プリポストプロセッサー

HYCRASH 加工硬化予測ツール

ホーム > 構構造解析/プリポスト > ARUP software

  概要

HYCRASH衝撃・構造解析ソフトウェアLS-DYNAとのダイレクトインターフェースにより、大規模かつ複雑な自動車衝突解析モデルのセットアップおよび、結果評価をきわめて効率的におこなう事ができ、また車体挙動や乗員障害値などに関する解析結果の評価を簡単な操作でおこなえるように設計されています。

○ 自動車安全解析に特化した豊富なツール
○ エアバッグ、シートベルト、ダミーの設定
○ 高速、簡単、多機能なポスト処理
○ アニメーションと実験動画、グラフの同期
○ 独自の手順に合わせたGUIカスタマイズ

  特徴

【ARUP softwareの構成】

ARUP softwareパッケージは、PRIMER、D3PLOT、T/HIS、REPORTERの4種のプリポストプロセッサーで構成されています。

●LS-DYNA専用プリプロセッサー PRIMER
PRIMERは、LS-DYNA専用のプリプロセッサーです。ほぼ100%のキーワードに対応、豊富なチェック機能を備えています。複雑な参照関係を網羅しているため、信頼性が高く、データロストや参照関係の破壊を防ぎます。また、乗員ダミーモデルのポジショニングやシートベルトフィッティング、エアバッグ折り畳みなど、自動車安全解析に特化したツールにより、モデル作成の工数削減を実現します。さらに、ユーザー独自の手順に合わせたカスタマイズをおこなうことも可能です。
●LS-DYNA専用ポストプロセッサー D3PLOT、T/HIS
D3PLOTは、LS-DYNA専用のポストプロセッサーです。多彩な描画方法に対応し、高速なポスト処理が可能です。 T/HISは、LS-DYNA専用のグラフプロセッサーです。処理を自動化するスクリプト機能も備え、処理工数の大幅な削減が可能です。 D3PLOTとT/HISにより、アニメーションとグラフを連動して表示することができます。
●解析結果の自動レポーティングツール REPORTER
REPORTERは、D3PLOT、T/HISと連動した解析結果処理ツールです。テンプレートによる解析結果の一括自動処理により、ひとつの仕様に対して複数の解析が必要な場合(FMH、歩行者保護、ストカスティック解析など)に威力を発揮します。作成したレポートは、HTML、PDFなどにより出力できます。

  機能

自動車衝突解析に携わるエンジニアのための多くの機能を搭載

ARUP softwareは、PRIMER、D3PLOT、T/HIS、REPORTERの4種のプリポストで構成されています。いずれも、LS-DYNAで自動車衝突・乗員安全解析を行おうとする利用者にとって有用な、多くの機能を備えています。

PRIMER
LS-DYNA専用プリプロセッサ

LS-DYNA専用のプリプロセッサーです。ほぼ100%のキーワードに対応、豊富なチェック機能を備えています。複雑な参照関係を網羅しているため、信頼性が高く、データロストや参照関係の破壊を防ぎます。また、自動車安全解析に特化した豊富なツールにより、モデル作成の工数削減を実現します。

PRIMERの機能一覧



  • キーワード間の参照関係を何階層でも表示
  • 編集できるCross Reference editor
  • 形状的に関連付けられているデータを次々と表示するAttached機能
  • 要素だけでなく*CONSTRAINED、*LOADなど様々なキーワードをエンティティとして管理、表示
  • プリ画面で必要な物理量をコンター/ベクトル表示
  • パネル板厚 | 材料降伏応力 | 時間増分 | 初速度など
  • 解析を実行する前に接触不具合を検出、修正できる接触めり込み検出機能
  • モデルの一部あるいは全部の重量/重心/慣性モーメントを任意に調整できるAssign Mass機能
  • モデルの単位系変換
  • ダミーポジショニング
  • シートベルトフィッティング
  • エアバッグ折りたたみ
  • スポット打点
  • FMHポジショニング
  • ひとつの車両データから複数の解析仕様を作成するモデルアセンブリ機能
  • さまざまな処理を自動化するスクリプト機能
  • JavaScriptデバッガー

D3PLOT
LS-DYNA専用ポストプロセッサ

LS-DYNA専用のポストプロセッサーです。多彩な描画方法に対応し、高速なポスト処理が可能です。

D3PLOTの機能一覧


  • コンター図/ベクトル図など物理量の分析のための描画
  • 断面描画/視点固定描画など衝突解析特有の描画処理
  • 複数結果の同時描画/重ねあわせ描画/シンクロナイズ
  • BMP/JPEGなどへの画像保存
  • MPEG/AVIなどへのアニメーション保存
  • 各部材の表示/非表示/透明化/色の変更などを簡単におこなうクイックピック機能
  • 変形モデル上でのメッシュ/形状データの表示
  • 局所座標系による計測
  • さまざまな処理を自動化するスクリプト機能
  • JavaScriptデバッガー

T/HIS
LS-DYNA専用グラフツール

LS-DYNA専用のグラフプロセッサーです。処理を自動化するスクリプト機能も備え、処理工数の大幅な削減が可能です。

T/HISの機能一覧

  • 四則演算/微積分など数学関数による処理
  • SAEフィルタ処理
  • HIC/NIJなどの傷害値計算
  • D3PLOTと連動することによりアニメーションとグラフのシンクロナイズ
  • CSVファイル出力

REPORTER
自動レポートツール

D3PLOT、T/HISと連動した解析結果処理ツールです。ひとつの仕様に対して複数の解析が必要な場合(FMH、歩行者保護、ストカスティック解析など)に威力を発揮します。

REPORTERの機能一覧

  • テンプレートによる各解析結果処理の一括自動処理
  • LS-DYNAが出力したd3hspファイルから特定のキーワードを検索して記述
  • Microsoft Power Point, PDF, HTMLファイル出力

  稼働環境

O   S
:  Windows 7,10
  Linux Red Hat 6,7、SUSE Enterprise 11.3, 12.0
  ※64-bitOSのみ対応

※ARUP softwareの開発元は、Ove Arup & Partners (英国)です。

※LS-DYNAは米国 Livermore Software Technology Corporation の登録商標です。

※このサイトに掲載されている一部の車体モデルはNCAC/GWUの提供です。
※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

※引用元:株式会社JSOL  http://cae.jsol.co.jp/

  • 概要
  • 特徴
  • 機能
  • 稼働環境
  • 資料請求
  • お問合せ
  • 技術サポート・サービス

Copyright © Terrabyte Co.,Ltd.